プレスリリース

プレスリリース

Press Release

ホーム > プレスリリース > JAあさか野が地域貢献の一環として敷地内にシェアサイクル「ダイチャリ」を初導入
ページを印刷する

プレスリリース

Press Release

JAあさか野が地域貢献の一環として敷地内にシェアサイクル「ダイチャリ」を初導入

2024年02月05日

エネルギー・住まい・暮らしの総合サービス事業を展開するシナネンホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山﨑 正毅)の子会社で、移動を楽しく、快適にするシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUS株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:菅原 健)と、埼玉で地域に密着し、農業から金融まで暮らしに役立つさまざまな事業を展開しているJAあさか野(本店:埼玉県朝霞市、代表理事組合長:髙橋 均)は、25日(月)より、JAあさか野本店に、シェアサイクル「ダイチャリ」を導入したことをお知らせいたします。

240205_01_pressrelease_01.png


概要

一都三県及び大阪府を中心にシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を利用したシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUSは、自転車の貸し出し・返却拠点であるステーションを3,400か所超、自転車を12,000台超運営・展開する日本最大級のシェアサイクル事業者です。2017年のサービス開始以来、様々な事業者との提携を通じてラストワンマイルの移動手段としてシェアサイクルサービスを提供し、これまでに累計2,700万回以上ご利用いただいてきました。

そしてこの度、埼玉県朝霞市で地域に密着したサービスを提供するJAあさか野に、「ダイチャリ」を導入いたします。JAあさか野は、これまでも、組合員をはじめ地域住民の幅広いニーズに応え、信頼度において地域No.1を目指すという経営理念のもと、地域のニーズに応じた店舗資産の有効活用を積極的に行ってきました。今回は、JAあさか野本店の敷地を有効活用する形で「ダイチャリ」のステーションを設置いたします。すでにJAあさか野本店周辺には、「HELLO CYCLING」のステーションも多く設置されており、組合員や地域住民の交通手段の多様化による利便性の向上や地域活性化に寄与いたします。

シナネンモビリティPLUSは、シェアサイクルユーザーに、より楽しく、快適に「ダイチャリ」を利用してもらえる環境を整備していくとともに、環境配慮型の交通インフラであるシェアサイクルの展開を通じて、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献してまいります。


周辺ステーションMAP

240205_01_pressrelease_02.jpg
JAあさか野本店(住所:埼玉県朝霞市大字溝沼466番地)


シェアサイクルのご利用について

シェアサイクルのご利用にあたっては「HELLO CYCLING」のアプリで会員登録が必要です。登録後は、アプリでステーションの検索や、⾃転⾞の利⽤予約から決済まで、一連の手続きを簡単に⾏うことができます。また、アプリに表示されている全国約7,400ヶ所*1のステーションであれば、全国どこでも自転車の貸し出し・返却*2が可能で、使いたいときに、使いたいだけ、便利に利用することができます。

料金:初回130/30分、延長100/15分毎、上限1,800円(12時間まで。以降は100/15分毎が追加されます)
・ご利用車体/エリアによって料金が変更となる可能性がございます。ご利用前にご確認ください。
・利用方法についてはアプリ又はダイチャリHPをご覧ください。(https://daichari.hellocycling.jp/
・アプリは無料でダウンロード・会員登録が可能です。

smp_pressrelease_01.png


シェアサイクルサービス「ダイチャリ」について

smp_pressrelease_02.png smp_pressrelease_03.png

「ダイチャリ」は、スマホアプリでいつでも、どこでも気軽に使え移動を楽しく、快適にするシェアサイクルサービスです。メンテナンス拠点「エコベース」では実質再生可能エネルギー100%の電気を採用しており、メンテナンスやバッテリー充電にかかる電力についてCO2の排出量が0の環境に優しい移動手段として使うことができます。また消費電力量の0.01/KWhが環境保全活動に支援される取り組みに参画しており、ユーザーは「ダイチャリ」を利用することで環境保全に貢献することができます。*3

特徴① 30130円、延長15100円なので使いたい時間だけコストパフォーマンスよく利用できます。
特徴② ステーションがある場所ならどこでも貸し出し・返却可能*2なので、移動の選択肢が増えます。
特徴③ 電動アシスト自転車なので街中も観光地もスイスイ移動できます。
特徴④ シェアサイクルの利用によるCO2の排出量0の実現及び利用することで環境保全活動に貢献可能

*12024年1月時点のステーション数です。
*2ステーションに駐輪できる台数にはそれぞれ上限があります。
*3実質再生可能エネルギー100%の電気とは、供給する電気に、由来となる電源種や発電所所在地等の属性情報を付加(トラッキング)した再生可能エネルギー指定の非化石証書を組み合わせることで、非化石価値の由来がわかる再生可能エネルギー電気の100%供給を実質的に実現したものです。


シナネンモビリティPLUS株式会社について
https://www.sinanen-mplus.com/
シナネンモビリティPLUS株式会社は、シナネンホールディングスグループのモビリティ事業を展開する企業です。一都三県及び大阪府を中心に約3,400ステーション、自転車約12,300台(202312月末日時点)を運営するシェアサイクル「ダイチャリ」及び「利用者限定シェアサイクル」サービスを展開しています。環境配慮型の交通インフラであるシェアサイクルの展開を通じて、SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」に貢献していきます。

 
シナネンホールディングス株式会社について
https://sinanengroup.co.jp/
シナネンホールディングス株式会社は、1927年に創業したエネルギー・住まい・暮らしの総合サービス事業を展開する企業グループの持株会社です。グループのミッションとして、「エネルギーと住まいと暮らしのサービスで地域すべてのお客様の快適な生活に貢献する」を掲げ、消費者向けのエネルギー卸・小売周辺事業、法人向けのエネルギーソリューション事業、非エネルギー事業(自転車事業、シェアサイクル事業、環境・リサイクル事業、システム開発事業、抗菌事業、建物維持管理事業等)を提供しています。脱炭素社会の実現に向け、環境配慮型の新規事業開発や、企業としての取り組みも強化しています。


このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。


【シェアサイクルサービスに関するお問い合わせ先】

シェアサイクルダイチャリの導入・ステーション設置については下記よりお問い合わせください。
https://www.sinanen-mplus.com/contact/

 
【報道機関からのお問い合わせ先】

シナネンモビリティPLUS株式会社 経営企画部 広報担当
TEL:03-6478-7906 E-maildaichari@sinanengroup.co.jp

TOP