風土改革・働き方改革

風土改革・働き方改革

Corporate Culture Reform・Work Style Reform

ホーム > 会社情報 > 経営方針 > 風土改革・働き方改革
ページを印刷する

風土改革・働き方改革

Corporate Culture Reform・Work Style Reform

風土改革・働き方改革の推進

シナネンホールディングスグループは、第三次中期経営計画、そして2027年の創業100周年に向けてさらなる躍進と飛躍をするために、2020年度より第二次中期経営計画をスタートし、その定性目標の一つとして「社員の考え方・慣習・行動様式の変革」を掲げ、風土改革と働き方改革を推進しています。

風土改革・働き方改革のビジョン

当社グループは2027年の創業100周年に向けた組織ビジョンとして「Spiral Up Company~情熱とワクワクのエネルギー好循環組織~」を掲げました。これは、当社グループが95年の歴史の中で培ってきた強みである"誠実"さに加え、相手を尊重し"信頼"する姿勢、"本質"を捉える思考、社員が"自発性"を持ち、"情熱"と"ワクワク"をエネルギーにすることで生まれる、"連携・挑戦・イノベーション"といった風土を新たに創り上げ、これらの要素を好循環させ、組織・個人として"持続的に成長"し、選ばれ続ける存在になるという想いが込められています。

2027年創業100周年に向けたシナネンHDグループの組織ビジョン

2027年創業100周年に向けたシナネンHDグループの組織ビジョン

風土改革と働き方改革の本質には、「個を高め、活かし合う」という考え方があります。「個を高め」とは、Employability(エンプロイアビリティ)を意識し、個としての価値や雇用される能力を高めていくこと意味し、「活かし合う」は、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)、すなわち個を尊重し、認め合い、強みを活かし合うことを意味しています。

シナネンHDグループの風土改革・働き方改革両輪推進と本質

シナネンHDグループの風土改革・働き方改革両輪推進と本質

※1 個としての価値とは : 知識能力、行動特性、倫理観、変化への対応能力など
※2 雇用される能力の向上とは : どこでも必要とされる人材になること(マーケットバリューを高めること)

ロードマップ

当社グループは、組織ビジョンである「Spiral Up Company」を実現するためのロードマップを策定しています。
「解凍」フェーズでは、当社グループの強みである誠実さをベースに、信頼(関係の構築)・本質(的な議論)に重きを置いた改革の土壌づくりを行い、個人の意識を変えます。
「変革」フェーズでは、個人と職場の行動が変わるよう、自発性・情熱・ワクワクを生み出す施策を実行します。
「定着」フェーズでは、小さな改善から大きなイノベーションまで、様々なアイデアが組織を越えて日常的に創発できる施策を実行し、組織風土を変えます。そして、それらを達成するために、挑戦・連携の意識を常に持ち改革を推進します。

シナネンHDグループの風土改革6ヵ年計画と重点テーマ

シナネンHDグループの風土改革6ヵ年計画と重点テーマ

推進体制

組織ビジョン「Spiral Up Company」を実現するために、2017年より取り組んでいた働き方改革のテーマを再設定し、風土改革と両輪で推進するための新組織となるグループ改革推進室を2020年11月に新設しました。これにより、グループ全体を対象とした風土改革と働き方改革を本格的に開始しています。
風土改革と働き方改革は、グループ共通の課題を解決する「グループ改革」と、個社独自の課題を解決する「個社改革」に分類しています。

推進体制

推進体制 推進体制

活動内容

風土改革では、プロジェクトコミットメントとして「現場に寄り添う改革」「みんなで決める改革」「オープンな改革」を掲げています。そのため、これまでの改革のようにトップダウンでビジョンや方針を決め、落とし込んでいくのではなく、従業員の声や意思を尊重し、経営層とディスカッションを重ねながら進めているところが特徴です。

働き方改革では、2017年度から先行して取り組んでいたDX推進等を継続しながら、風土改革と連動した新たな4つの改革テーマとなる「ワークライフバランス実現」「多様な働き方推進」「キャリア開発」「仕事の質向上」を掲げ、取り組んでいます。業務効率化・各種制度やツールの整備等を通じて働きやすさを向上させると共に、社員一人ひとりが自らの人生や働き方を見つめ直し、主体的にキャリアを形成していける機会の創出により働きがいを向上してまいります。

写真

写真

写真

風土改革・働き方改革の主な取り組み

風土改革 働き方改革

2017年

シナネンホールディングス働き方改革宣言
・シナネンホールディングスを中心に推進
・労働時間管理の徹底
・有給休暇取得率向上
・業務の棚卸による業務量の適正化

 

2018年

2019年

グループ横断働き方改革プロジェクト発足
・各グループ会社よりプロジェクトメンバーを選定し取り組みを開始
・従業員に対するアンケートの実施
・ペーパーレス化の推進
・グループ間コミュニケーションの活性化施策実行

風土改革プロジェクト始動
プロジェクトコミットメントを策定
コミットメント:現場に寄り添う改革/みんなで決める改革/オープンな改革

・有志からの社長提案をきっかけに始動
・専任担当の設置、グループ会社からプロジェクトメンバーを公募
・組織風土や働き方について語り合う職場座談会を全国で100回以上開催

2020年

 

グループ改革推進室新設
・風土改革と働き方改革を両輪で推進するための組織を新設
・社員の声を聴き、風土と働き方の現状を把握
・組織風土や働き方について語り合う職場座談会、トップが現場の声を聴くFace to Faceセッションの開催
・組織風土調査や社員からの疑問・提案に経営層が直接回答する意見箱The VOICEの設置
・経営層や管理職が風土改革に自責で向き合い議論するマネジメント研修の実施
・経営層と現場の代表者によるグループ組織ビジョン策定ワークショップ開催

 

2021年

 

シナネンHDグループ組織ビジョン「Spiral Up Company」完成
働き方改革4つのテーマ設定
テーマ:ワークライフバランス実現/多様な働き方推進/キャリア開発/仕事の質向上

・ビジョンおよび方針共有と事業会社をまたいだコミュニケーションを目的とした「ビジョン共有セッション」を開催
・事業会社ごとに「変革リーダー」を専任し、組織ビジョンの実現に向けた事業会社ごとの取り組みを開始
・Face to Faceセッション、組織風土調査、マネジメント研修の定期開催
・風土改革へのはじめの一歩を考えるSpiral Up DAYを初開催

 

2022年

 

「Spiral Up Company」実現に向けた各種アクションプランを実行
・"Spiral Up"の概念浸透を目的に、「ビジョン共有セッション」を「Spiral Up セッション」と改め開催
・マネジメント研修や組織風土調査の継続実施
・各職場での変革事例を表彰するSpiral Up アワードや全社向けの心理的安全性セミナー、D&Iセミナー実施予定
・感謝・称賛文化醸成を目的にグループ全体でサンクスカードツール「Team Suite」も導入予定
・事業会社ごとの風土改革と働き方改革のアクションプランは随時実行し進捗をモニタリング

TOP