コンプライアンス・リスクマネジメント

コンプライアンス・リスクマネジメント

Compliance/Risk Management

ホーム > サステナビリティ > ガバナンス > コンプライアンス・リスクマネジメント
ページを印刷する

コンプライアンス・リスクマネジメント

Compliance/Risk Management

推進体制

当社グループは全社的な内部統制システムの整備、リスクマネジメント、コンプライアンス体制の構築を推進する組織としてCCO(チーフ・コンプライアンス・オフィサー)を委員長とする「リスク・コンプライアンス委員会」を設置しています。リスク・コンプライアンス委員会では、重要リスクへの重点対策及び法令遵守・企業理倫理の徹底・公正な企業活動の実践を実現すべく活動を行っています。

企業行動憲章

シナネンホールディングスグループは、すべての従業員が何を目指し、どんな価値基準で日々の仕事に取り組むべきかを内外に宣言する「企業行動憲章」を定めています。グループ従業員はこの憲章に基づき、3つのテーマからなる行動基準を遵守し実行しています。

信義

社会的責任の実践

約束を守り人の信頼に応え、責任を重んじて自らの務めを果たすということが「信義」の考えであり、私たちシナネンホールディングスグループの経営の根幹です。

  • 1. 私たちは、信頼と責任を重んじ公正な取引を行います。
    そして、経営の透明性を保つために企業情報を適宜適切に開示します。
  • 2. 私たちは、保安をはじめとする安全性の確保を最優先し、個人情報・顧客情報の保護についても十分配慮します。
    さらに、地球環境の重要性を認識し、積極的に環境問題へ取組みます。
  • 3. 私たちは、法令を遵守して企業活動を進めます。
    また、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対して、経済的な利益を供与しません。
進取

新たな価値の創造

あらゆる困難を退けて前進し、シナネンホールディングスグループの存在価値を高めていくということが「進取」の考えであり、私たちシナネンホールディングスグループの事業に対する基本的な精神です。

  • 1. 私たちは、社会や経営環境の変化に機敏に対応し、新たな課題に挑戦します。
  • 2. 私たちは、様々な情報を積極的に収集し、社会に役立つ高品質な商品、サービスを創造し、お客様の信頼と満足度を高めます。
  • 3. 私たちは、グループ発展のために、広い視野を持ち、自らの仕事を常に改善・改革します。
楽業

こころ豊かな行動

働く喜びを感じ、仕事の中に楽しさを見出し、様々な方々と幅広い交流を図りながら、自らの人格を高めていくということが「楽業」の考えであり、私たちシナネンホールディングスグループの社員像をあらわしています。

  • 1. 私たちは、社員相互の人間性を尊重するとともに、仕事に楽しさを見出し、働く喜びを感じ、豊かさを実現します。
  • 2. 私たちは、広く内外に友を求め、社会とのコミュニケーションを積極的に行います。
  • 3. 私たちは、国内外の企業活動において、その地域の文化や慣習を尊重し、地域社会の発展に貢献します。

コンプライアンス教育の実施

当社グループでは、コンプライアンスの徹底のため、個人のコンプライアンス意識の向上を目的とした各種教育を実施しています。
2020年度は、グループ会社全役職員を対象としたコンプライアンスe-ラーニングを実施し、94.9%の従業員が受講しています。また、管理職に向けては、ハラスメント防止研修を実施しています。
また、より日常的な啓発手段として、コンプライアンスに関する基本情報などを掲載した「シナネンHDグループCSRニュース」をリスク・コンプライアンス統括部署から定期的に配信し、グループ全体のコンプライアンス意識向上を図っています。このほか、イントラネット上や社内報でも、コンプライアンスやリスクマネジメントに関する情報を掲載するなど、年間を通じた啓発活動を行っています。

内部通報窓口の設置

当社グループでは、コンプライアンス違反の早期発見と未然防止のため、当社グループの役職員が、法令等違反行為・不正行為・就業規則に違反する行為などを発見した場合、社内外に直接報告することができる体制を整備しています。
また、「コンプライアンス規程」により、当該報告者のプライバシーの保護、および、当該報告者に対する不利益な取扱いが禁止されており、内部通報制度の実効性を確保しています。

事業等のリスクと対応策

当社グループの経営成績、財政状態等に影響をおよぼす可能性がある事項には、以下のようなものがあります。

1.エネルギー業界をとりまく環境の変化
2.気候の変動によるリスク
3.エネルギー業界における競争の激化
4.石油・LPガス設備の保安等と環境汚染に関するリスク
5.取引先の信用リスク
6.外国為替変動リスク
7.固定資産の評価に関するリスク
8.投資等に係る潜在的なリスク
9.新規事業に参入するリスク
10.海外進出に潜在するリスク
11.製品の品質及び安全に関するリスク
12.個人情報の取扱いについて
13.自然災害等に関するリスク

当社グループはこれらの発生の可能性を認識したうえで、発生の防止、回避に努めるとともに、発生した場合にはその影響を最小限にとどめるべく対応いたします。詳細は、IRライブラリ[有価証券報告書]の【事業等のリスク】をご覧ください。

情報セキュリティ

当社グループは、エネルギー事業に係るLPガス・都市ガスの消費者データ、及びガソリンスタンド利用者のカード決済用データに関する個人情報等を保有しており、これら個人情報等を保護するために、リスク・コンプライアンス委員会において、従業員等に向けた個人情報保護に関する教育プログラムの実施、生体認証システム及び暗号化等の情報セキュリティシステムの導入、各種規程の制定等を行っています。個人情報保護方針、個人情報保護規程を制定し、個人情報の取扱いに関するリスク低減にも取り組んでおり、グループ会社のミノス株式会社はプライバシーマーク認定事業所であるほか、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格である「ISO/IEC2700:2013・JISQ2701:2014」を取得しています。
また、昨今のリモートワークの増加に伴い、当社グループでは、情報漏洩防止の観点から、セキュリティソフトの更改やネットワークの見直しを実施するなど、継続的に情報セキュリティ対策を実行しています。

TOP