IRニュース

グループトピックス

Group Topics

ホーム > グループトピックス > 港区立六本木中学校にてキャリア教育イベントを実施しました
ページを印刷する

グループトピックス

Group Topics

港区立六本木中学校にてキャリア教育イベントを実施しました

2021.11.01

港区立六本木中学校にてキャリア教育イベントを実施しました

シナネンホールディングス(以下、当社)は、2021年10月8日に認定NPO法人キーパーソン21(以下、KP21)とともに、港区立六本木中学校2年生69名を対象にキャリア教育イベントを実施しました。


gt_202111_kp21roppongi_01.jpg

KP21では「"わくわくエンジン"が当たり前の社会を作る」をビジョンに掲げ、子どもたちが自分の本心、わくわくして、動き出さずにはいられない原動力="わくわくエンジン®"を見つけることで、これからのキャリア選択・社会で働くことへの意欲向上の支援を行っています。
そして当社は、地域に根差した生活事業を担う社会の一員として、地域の子どもたちのキャリア支援をすべく、2020年よりキャリア教育プログラム「企業の子ども応援プロジェクト」に参加し、イベントを実施しています。

昨年参加したイベントでは、コロナ禍での開催ということもあり、オンラインでの実施となりましたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止策を徹底したうえで、KP21のスタッフおよび当社社員が実際に学校へ訪問してイベントを実施することができました。

  • gt_202111_kp21roppongi_2.jpg
  • gt_202111_kp21roppongi_3.jpg

当日は、4名の当社社員が学校へ訪問し、子どもたちのすきなものや大切に思うことが世の中の仕事とつながっていることに気づかせ、子どもたちの主体性を引き出すワークショップ「すきなものビンゴ&お仕事マップ」と、社会で活躍する大人が、子ども時代のことや仕事・人生で大切にしていること、自分のわくわくエンジン®について語る講演「おもしろい仕事人がやってくる」に参加しました。

午前中に実施された「すきなものビンゴ&お仕事マップ」では、学生とKP21のスタッフ、当社社員が3名~4名のグループに分かれ、それぞれのグループでワークショップを行い、自分のすきなものや大切にしていることを出し合いながら、それらと世の中にある仕事との関係性について考え、また、その中から一人ひとりのわくわくエンジン®について考えるきっかけ作りをしました。

  • gt_202111_kp21roppongi_4.jpg
  • gt_202111_kp21roppongi_5.jpg

午後の「おもしろい仕事人がやってくる!」講演では、当社社員4名それぞれが、自分の子ども時代や自身で発見したわくわくエンジン®について語りながら、
「自分では失敗だと思ったことでも、実はそれがきっかけでうまくいくこともあります。今からいろいろなことに興味を持ってどんどん経験していってほしいですね!」
「悩むことは決して悪いことではありません。考え抜いた先に必ず答えがありますので、自分が納得できるまで考え抜くことを大切にしてください。」
「自分の大切にしていることをどんどん発信していってください。そうすればきっと誰かがそれをキャッチしてくれます!」 「これからのみなさんの前には可能性しかないので、とにかくいろいろなこと、自分がすきだと思うことにチャレンジしてみてください。」
と、熱くエールを送りました。

  • gt_202111_kp21roppongi_6.jpg
  • gt_202111_kp21roppongi_7.jpg

今回イベントに参加してくれた生徒からは、
「午前中のワークショップではこれまで気づかなかった自分を知ることができた。午後の講演会では社会人の方のお話を聞けてとても良かった。」
との感想が聞かれました。

シナネンホールディングスでは、引き続きこの活動を通じて地域の子どもたちの健やかな成長を支援してまいります。

関連トピックス

TOP