IRニュース

グループトピックス

Group Topics

ホーム > グループトピックス > 「みなと環境にやさしい事業者会議」が主催する「スポGOMI大会 in みなと」に参加しました
ページを印刷する

グループトピックス

Group Topics

「みなと環境にやさしい事業者会議」が主催する「スポGOMI大会 in みなと」に参加しました

2021.12.03

「みなと環境にやさしい事業者会議」が主催する「スポGOMI大会 in みなと」に参加しました

シナネンホールディングスグループの有志社員が、11月27日(土)に「みなと環境にやさしい事業者会議(以下略称、MECC)」が主催する「スポGOMI大会 in みなと」に参加しました。

「スポGOMI」とは、チーム制で、決められたエリア内で制限時間内にゴミを拾い、その質と量をポイントで競い合う地球にやさしいスポーツです。MECCでは、区内の清掃活動の一環として、「スポGOMI」の大会を毎年開催しています。

今回の大会には、全26チームがエントリー。初出場となるシナネンホールディングスグループからは有志社員およびその家族で構成された2チームが参加しました。

JR「新橋」駅をスタート地点とし、約45分の制限時間でエリア内を歩いてゴミを回収しました。

gt_202112_mecc_1.jpggt_202112_mecc_2.jpggt_202112_mecc_3.jpg

回収したごみは、その種類(燃えるごみ、燃えないごみ、ビン・缶、ペットボトル、たばこの吸殻)と重さに応じてポイントが与えられ、順位が決定します。

gt_202112_mecc_4.jpg

シナネンホールディングスグループのチームは、それぞれ2.80kgと2.17kgのごみを回収し、15位と22位という結果でした。

gt_202112_mecc_5.jpg

MECCは、東京都港区において環境・CSRの先進的な取り組み『みなとモデル』を構築するための企業、行政、NPOそして区民の協議会です。港区に本社を構えるシナネンホールディングスは、地域社会への貢献の一環としてMECCに加盟しています。

シナネンホールディングスグループは今後も、地域に密着した総合エネルギーサービス企業として、MECCの活動への協力を通じて、持続可能な街づくりの実現、そしてSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献していきます。

関連トピックス

TOP